育毛に適したビタミンと育毛に適していないビタミン

色々なビタミンが存在しているのですが、育毛に良いビタミンを積極的に摂取していきたいところです。このビタミンの中には、育毛に良いと言われているビタミンと、摂取しすぎてしまうと逆に毛髪に悪いと言われるビタミンもあります。

ビタミンでも色々なものがありますが、その中で毛髪に良い働きをもたらしてくれるビタミンとして次のようなものがあります。

ビオチン
毛髪だけではなく肌の状態も維持してくれる働きを持っています。毛細血管を太くしてくれますので結構も促進させやすくなり、新陳代謝を積極的に行ってくれる働きを持っているとされています。ですので、頭皮にも十分に血液を送ることができるようになりますから、毛髪も太く成長しやすくすることができます。なお、ビオチンは水溶性ビタミンに分類されており、沢山摂取しても過剰摂取してしまうということはありません。

ビタミンB6とビタミンB2
どちらも細胞分裂や細胞の生成を促進させる働きを持っています。また、育毛作用も期待できるのですが、このビタミンB2とB6だけを摂取するのではなく、ビタミンB群をバランスよく摂取するようにしましょう。なお、ビタミンB群も水溶性ビタミンですので過剰摂取することはありません。

ビタミンE
ビタミンEは高い抗酸化作用があり、血管内をキレイにしてくれる働きがあるとされています。ですので、しっかり血液を頭皮や毛根に送ることができるようになり、育毛をしていきやすくすることができるとされているのです。ただし、脂溶性ビタミンに分類されていますから、体に蓄積されやすくなっており、過剰摂取しないように注意をするようにした方がいいでしょう。

このように、ビタミンで育毛作用が期待できると言われているものはいくつもあるのですが、中でもビオチンは積極的に摂取していきたいところです。

ビタミンというと健康に欠かすことができない栄養素というイメージが強いと思いますが、中には過剰摂取するべきではないビタミンもあります。脂溶性ビタミンというのは、水に溶けない性質を持っていますから、体の中に蓄積されやすく過剰摂取してしまう可能性があります。
あわせて読むとおすすめ>>>>>内臓脂肪 落とす

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*