サラサラした血液にするための方法は?

普段から栄養バランスが整っている食事をするようにしたり、適度に運動をすることによって、血液をサラサラにしていくことができるようになります。サラサラの血液にしていく方法として、この2つは鉄則となっています。

特に食事の栄養バランスを整えることによって、サラサラした血液にしていくことができるようになりやすいのです。

ちなみにドロドロした血液というのは、どんな状態になっているのでしょうか?ドロドロした血液というのは、中性脂肪や悪玉コレステロールが血液中に多く漂ってしまったり、白血球が正常に働かない、赤血球の膜が固くなってしまっている、そして血小板が固まりやすくなってしまっていることが原因となっています。

反対に、白血球が正常に働いていて、血小板が固まりにくく、赤血球の膜が柔らかい、中性脂肪や悪玉コレステロールがあまり血液中に含まれていない状態だと、サラサラした血液になるのです。また、体内の老化の原因となる活性酸素を除去することも重要です。活性酸素の除去には水素が含まれるサプリメントがおすすめですよ。

色々な食材を食べるようにして、栄養バランスが偏らないようにしていくことが大切です。栄養バランスを保ちにくいのであれば、血液をサラサラにしてくれる作用を持っている食材を食事に取り入れるようにするといいでしょう。

血液をサラサラにする作用がある食材として、知られているのは、ネギ、緑黄色野菜、キノコ、酢、納豆、海藻、青魚、お茶となっています。

上記の食材をバランスよく食事で食べるようにするのが望ましいのですが、全ての食材をバランスよく食べることができないのであれば、酢を食事に取り入れるようにするといいでしょう。酢の中でも黒酢は特にサラサラした血液にしてくれるためお勧めとなっています。

次に運動でサラサラした血液にするのは、有酸素運動となっています。逆に激しく体を動かすような運動をしてしまうと、血液がドロドロしてしまうということもありますからお勧めできません。自分にとって無理のない程度の運動量をするようにするといいでしょう。
詳しく調べたい方はこちら⇒サンリバイブ 効果

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*